ys media

  • Check

編集部が行く!

神奈川版12月号公立相談会情報訂正とお詫び

12月1日にお届けさせていただきました神奈川版12月号「12月もまだある!公立高校学校説明会」に誤りがございました。
ここに訂正させていただきますとともに、読者の皆様、関係各位にお詫び申し上げます。


誤)
深沢 12月10日

正)
深沢 12月17日

謹んで訂正させていただきます。

神田外語大学大学院 TESOL プログラム講演会

神田外語大学大学院プログラムTESOL講演会が12月3日(金)に開催

「われわれは宮沢賢治を超えられるか-これからの教育の在り方」をテーマに
神田外語大学大学院TESOLプログラム・コンサルタント、立教大学グローバル教育センター長の
松本 茂氏が講演する。

概 要:文部科学省・中央教育審議会における議論がほぼまとまり、「何を知っているか、何ができるか(個別の知識・技能)」「知っていること・できることをどう使うか(思考力・判断力・等)」「どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか(学びに向かう力、人間『性等)」を3本の柱として学習指導要領』の改訂が行われることになった。そして、「アクティブ・ラーニング」、「教科横断的指導」などが重要な観点になる。

英語教育関連については、小学校において「外国語(英語)」が5?6年次の正式教科となり、「外国語活動」が3?4年次に前倒しされることになる。また、小中高のすべての段階において、指標形式の目標が『学習指導要領』に明示されることがほぼ確定している。高校に関しては、科目編成が大きく変わることになっている。
本講演では、これらの改革案を概観し、実際の教育がどのように変わるのか、変わるべきなのかについて、教師・宮沢賢治の指導法について参考にしつつ検討する。また、高大接続の視点から大学は何をすべきなのかについても言及する。

日時: 2016 年 12月3 日(金)16:30~18:00
題目:われわれは宮沢賢治を超えられるか-これからの教育の在り方

講演 者:松本 茂 氏(立教大学グローバル教育センター長,神田外語大学大学院TESOLプログラム・
コンサルタント)

会場: 神田外語学院 本館7階講堂
JR 神田駅西口から徒歩 2 分
参加 費: 無料
使用言語:日本語
対象: 英語教育に関心をお持ち方


お申し込み方法: 講演会に参加ご希望の方は、以下のウェブサイトからお申込みください。
お申込み頂いた後に、当方から自動返信メールをお送りしますのでご確認ください。

http://goo.gl/u99O5X
会場:神田外語学院 本館7階 講堂
(〒101‐8525 東京都千代田区内神田 2‐13‐13 )
JR 神田駅西口下車 徒歩2分

かんだ.png
問い合わせ先:
神田外語大学大学院 東京キャンパス TESOL プログラム
住所:〒101‐8525 東京都千代田区内神田 2‐13‐13 神田外語学院 7 号館 4 階
TEL:03‐3254‐3586 FAX:03‐3254‐3585
Email:tesol@ml.kuis.ac.jp

平成28年度北方領土に関する全国スピーチコンテスト開催

 今年も「北方領土に関する全国スピーチコンテスト」が開催されます。一次選考の原稿応募は10月31日まで。選考を通過した応募者は平成29年2月25日(土)に東京で開催する全国スピーチコンテスト(最終選考会)の舞台に立つことができます。
 以下、各賞など開催概要を紹介いたします。

みなさんは、択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の島々を知っていますか?

 北海道の北東に位置する択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島は「北方領土」と呼ばれ、私たち「日本」の固有の領土です。
 以前は多くの日本人が暮らしていましたが、現在はロシアに法的根拠なく占拠されています。
 北方領土問題の解決のためには、一人一人が北方領土に関心をもち、正しく理解することが何よりも大切です。
 歴史的な経緯、解決方法、返還後のビジョンなど、みなさんが考えたこと、話し合ったことをスピーチとして発表してみませんか?

-賞-
・内閣府特命担当大臣賞・・・・・・・・・・・・・1名
・内閣府北方対策本部審議官賞・・・・・・・・・・1名
・独立行政法人北方領土問題対策協会理事長賞・・・1名
・審査委員特別賞・・・・・・・・・・・・・・・・2名
・奨励賞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5名
※副賞:図書カード等(各賞共通)

内閣府特命担当大臣賞の受賞者のほか若干名においては、次年度に実施予定の北方四島交流事業へ参加する機会を提供する予定です。

2016hopou0609-02_01.jpg

チラシPDFはこちらから、北方領土に関する全国スピーチコンテスト.pdf

IMG_2336_2.jpg

IMG_0092_2.jpg

応募詳細:http://comm.stage.ac/hoppou-speech28/

応募締切:10月31日(月)消印有効

主 催:独立行政法人北方領土問題対策協会

後 援:内閣府 外務省 文部科学省 全日本中学校長会
    全国都道府県教育委員会連合会 公益社団法人日本PTA全国協議会

2016 公私立高校 文化祭&体育祭カレンダー(神奈川県)

文化祭は、その学校が一番盛り上がる一大イベントです。
模擬店や研究発表から個別相談ブースまで、見どころがたくさんあります。
その学校に通う先輩たちから直接話を聞くことも出来るかもしれません。
先輩たちの中には、文化祭を見て志望校を決めた人も多いそうです。
9月以降に開催される文化祭の日程をまとめてみました。

学校の様子を知る絶好の機会です。ぜひ足を運んでみましょう!

※目的の学校について事前に良く調べていきましょう。
※見学には、予約やチケット(招待券)、制服の着用や生徒手帳の持参が必要な学校もあります。
※開催日時などは、各学校のHPなどで、各自で必ず確認してください。

2016公私立高校 文化祭&体育祭カレンダー
下記のリンクをクリックするとPDFが開きます。
2016文化祭&体育祭カレンダー 神奈川県内 公立高校.pdf
2016文化祭&体育祭カレンダー 神奈川県内 私立高校.pdf

神田外語大学 7月2日公開講座開催

神田外語大学は公開講座を開催する。
日時は7月2日、公演のタイトルは【TESOL学位プログラム 公開講演会】
詳細は下記の通り。

《TESOL学位プログラム 公開講演会》

7月2日(土)午後、二つの公開講演会を開催する。
対象は、英語教育に関心をお持ちの方。
パート1、パート2、両方、または片方でも、関心がある講演会へ申し込みが可能。


【Part 1】
日時: 2016年7月2日(土) 14:00 ~ 15:30

題目: 国際語としての英語教育の理論と実践~誤解を紐解く~
Demystifying the Principles and Practices of Teaching English as an International
Language (EIL)
講師: Prof. Aya Matsuda (Arizona State University)

〈概要〉
近年、国際語としての英語(EIL)教育の重要性が叫ばれている。しかしながら、EILの教授法
の枠組みに関しては誤解や混乱があり、実践を妨げている。本講演では、こうした誤解を解き、
理論と実践の連携について論じる。


【Part 2】
日時: 2016年7月2日(土) 16:00 ~ 17:30

題目:試験準備を超えたライティング指導
Preparing Students for Writing Exams--and Beyond
講師: Prof. Paul Kei Matsuda (Arizona State University)

〈概要〉
今日のグローバル社会においては、英語のライティング力が成功へのカギとなってきている。
しかしながら、ライティングが多くの外部試験に含まれてきているため、ライティング指導の
目的が試験準備となってしまっており、他の文脈におけるライティングに必要な力がつかない。
本講演では、外部試験の負の波及効果に関連した様々な問題を挙げ、単なるテスト準備を超えた
ライティング指導の重要性を提案する。


【費用】 無料 
【言語】 英語
【お申込み】 講演会ページhttp://goo.gl/Ur3I8G からお申込みください。

【場所】 神田外語学院3号館7階 アズール (JR神田駅西口から徒歩2分)

kanda.jpg


【問合せ先】
〒101-8525 東京都千代田区内神田2-13-13
神田外語学院7号館4階
神田外語大学大学院 TESOLプログラム・オフィス
TEL:03-3254-3586  E-mail:tesol@ml.kuis.ac.jp