ys media

  • Check

編集部が行く!

県立高校、欠員募集開始

県教委は3月10日、先日実施した入学者選抜の結果、合格者の数が募集人員に満たなかった高校の欠員補充人員を発表した。
全日制では26校42学科が欠員補充を行い、本日より出願が開始された。

全日制で募集を行う学校は下記の通り

■普通科
岩槻北陵
越生
川越初雁
北本
児玉
狭山清陵
白岡
秩父
蓮田松韻
鳩山
飯能南
妻沼

■専門・総合学科
熊谷農業
児玉白楊
熊谷工業
越谷総合技術
狭山工業
新座総合技術
三郷工業技術
大宮商業
鳩山
羽生実業
皆野
芸術総合
誠和福祉
小鹿野

募集人数等、詳細は下記より確認のこと。


平成29年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に関する情報

公立高等学校入学許可候補者発表

3月2日(木)、県内の公立高校で平成29年度の入学者選抜の合格者が発表された。

取材に訪れた上尾高校(上尾市)では、全日制普通科が入学許可候補者238人に対し345人が受験、倍率は1.45倍(昨年1.33倍)。 
商業科は120人の募集に、154人が受験。倍率は1.28倍(昨年1.53倍)だった。
県内全日制高校の平均倍率が1.19倍だったことから、かなりの高倍率となった。

ageo1.JPG
春の訪れを感じさせる快晴。

ageo2.JPG
発表およそ10分前。大勢の生徒、保護者が発表を待つ。

ageo3.JPG
発表の瞬間、大きな歓声が上がった。

ageo4.JPG
入学手続き書類を受け取るために長い列ができていた。

埼玉県公立高入試スタート

3月2日、県内の公立高校各校で入学者選抜のうち、一般募集における学力検査入試選抜が始まった。
今年の入試は全日制普通科の入学許可予定者数28,908人に対し、入学許可予定者数35,327人で倍率が1・22倍。

今年度の入試の変更点は大きく3点で、社会、理科の検査時間を40分から50分に変更、5教科すべてが50分に変更。
数学、英語の学力検査は取り組み易い問題の比率が増加。20校が、数学と英語の学力検査を、応用的な内容を含む学校選択問題で実施するなど変更があった。

取材に訪れた川越女子高校(川越市)は360人の募集に対し538人が出願、入試に挑んだ。

kawagoejyoshi0.jpg
午前8時、開門直前。校門に続く道の両側には応援に駆けつけた塾関係者が並ぶ。

kawagoejyoshi1.jpg
開門を待っていた受験生が一斉に校内に。

kawagoejyoshi2.jpg
前日の天気予報では雨予報だったがまだ曇り。

kawagoejyoshi3.jpg
合格発表は3月10日。

埼玉公立入試志願者数確定 全日制1・19倍

埼玉県教育委員会は27日、県公立高校入試の志願先変更受け付け後の志願確定者数を発表した。
全日制は変更前から6人増の46,619人で、平均倍率は変更前から変わらず1・19倍(前年1・20倍)となった。

全日制普通科で1・5倍を超える高倍率となったのは、
市立浦和高校 1.7倍
所沢北高校 1.64倍
蕨高校 1.64倍
市立県陽高校 1.58倍
浦和西高校 1.57倍
市立川越高校 1.54倍
川越南高校 1.53倍
与野高校 1.53倍
市立浦和南高校 1.53倍
南稜高校 1.52倍
市立川口高校 1.52倍
川越女子高校 1.5倍

全日制専門学科で倍率が高かったのは、
大宮高校 理数科 2.5倍
市立大宮北高校 理数科 2.28倍
所沢北高校(全) 理数科 2倍
など。

学校ごとの詳細は下記より確認できる。

埼玉県私立入試スタート!

1月22日、県内各私立高校で私立高校入試が一斉にスタートしました。
快晴の冬空のもと、緊張の面持ちで会場に向かう受験生たちの姿が見られました。

取材に訪れた正智深谷高校(深谷市)では単願322人、併願1225人、合計で1547人の受験生が試験に挑みました。

駅から続く坂には、大勢の受験生が列を作っていました。

shochihukaya1.JPG

shochihukaya2.JPG

集合時間の30分前にはほとんどの受験生が着席。
みな、テキストを開いて、最後の確認をしながら、しずかに開始を待っていました。

shochihukaya3.JPG

推薦の人はひとまずひと段落ですが、高校入学まで気を抜かず学習を続けましょう。
併願の人は、公立入試に向けてのワンステップを超えましたね、気持ちを切り替えて、本番に備えてください。

インフルエンザ発生がニュースにもなっています。
手洗い、うがい、マスクの着用など体調管理も怠りなく!

がんばれ!受験生!